心の繋がりを大切にした理想の歯科治療をめざして

心の繋がりを大切にした理想の歯科治療をめざして

「お互いの心のふれあいがあったとき、治療は始まっており、それ以上の関係が深まることこそが医の根本と信じています」
A歯科タニグチ会創立者、谷口清はこう語ります。

高度な歯科治療は、歯科医師と患者さんの心の繋がり、相互理解、深い信頼関係がなくては決して成り立ちません。患者さんの本当のお望みや深い悩みを紐解き、そして患者さんご自身も現状をご理解いただくことが大切です。そして歯科医師の真摯な思いや歯科治療にかける信念を知り、心と心がふれあった時にこそ、初めて医療は成り立ちます。

科学を超えた理想の歯科治療をかけがえのない患者さんに
私たちにとって感情のある人間を対象とする医療は、単なる科学ではありません。そして単なる仕事でもありません。私たちは理想の歯科治療を求め、常に最善・最新の歯科治療をご提供するべく、日々研鑽を続けています。

そして、世の中に数ある歯科医院の中で当院を選ばれた患者さんも、不特定多数の歯科患者の中の一人ではありません。縁あって当院にたどり着かれ、完全自由診療・完全予約制・完全会員制の歯科医院という診療方針に共感され、治療を受けることを決めてくださった、かけがえのない患者さんなのです。

患者さん一人ひとりの心に寄り添ったオーダーメイド治療
患者さん一人ひとりのお口の中が違うように、歯科治療も2つとして同じものはあり得ません。私たちは患者さんのお人柄や生活環境、そしてお口や歯に対する悩みを深く知るためにじっくりとお話を伺い、患者さんの生活スタイルやご希望を尊重して、患者さんの心に寄り添うオーダーメイド治療を行っています。

歯を残したい方の最後の砦として最善を尽くす

歯を残したい方の最後の砦として最善を尽くします当院には、歯やお口の中について深い悩みを抱えられた方がいらっしゃいます。他院では「もう残せない」「抜歯するしかない」と言われるほど、かなり深刻な状態になっていることがほとんどで、いくら治療しても改善せず、いくつもの歯科医院を経て当院にたどり着かれる方も多いのです。

中には、根管でない部分に穴があけられている症例(パーフォレーション)や、根管の中に治療器具(ファイルなど)が折れ込んでいるといった症例も目立ちます。これが歯を残すラストチャンスといった状態も多く、もう失敗は許されません。

私たちは、歯科医学に対する不断の努力と高度な技術の導入、そして持てる能力を最大限に発揮して難症例に対応します。そして病因を見つけ出し、患者さん自身の自然治癒力を高め、短期的に引き出すことを心がけています。

難症例の歯の治療には、短期集中治療で対応
難症例の歯は、保険診療のような時間の制約を受けた治療では対応できません。当院では、毎回2時間から3時間の診療時間を確保し、根本的な原因から取り除く短期集中治療により、根管治療など多くの難症例の治療に取り組んでいます。

当院最大の特徴である1〜2回で治療が終了する短期集中治療を求めて、遠方から来られる患者さんが多くいらっしゃいます。創立者:谷口清の教えを守った、できるかぎり歯を残す治療で多くの患者さんに選ばれているのです。

できるだけ歯を削らない「早期発見晩期治療」で歯を残す

できるだけ歯を削らない「早期発見晩期治療」で歯を残します歯を治療するということは、基本的に歯を削るということです。当然一度削った歯は二度と元には戻りません。同様に抜いてしまった歯も、二度と生えてくることはありません。しかし、現状の歯科の保険制度では何らかの処置を行わないと治療費が発生しないため、必要以上に歯を削ったり、安易に抜いたりしてしまうこともあるのです。

当院では、患者さんに事実を正確にお伝えしたうえで、何もせずに経過を見守ることも治療の一つと考えています。これが歯を残すために極力歯を削らない当院の方針です。歯を悪くする病因をできるだけ迅速に突き止め、歯を削る治療をできるだけ避ける「早期発見晩期治療」こそが、歯を残すための最善の道と信じています。

カウンセリングをおこなっております