トップへ » A歯科タニグチ会について » 当院の特色 » 器具・器材の滅菌

器具・器材の滅菌

エイズ・B型・C型肝炎ウィルス、その他の感染症に対する万全の予防。
感染予防歯科における手術器具やミラー、ピンセットも完全に滅菌しておかないと、歯の治療によってエイズやB型・C型肝炎に感染する可能性がある。
ウィルスを殺すには、消毒を通り越して『滅菌』が求められるのである。
目の前で破る滅菌袋の色を見てみて欲しい。
滅菌できるものは、患者さま一人一人に高圧滅菌した器具を使用し、滅菌できないもの
は毎回患者さまごとに使い捨てしている。

使い捨てのバー使い捨てのバー。毎回完全滅菌のハンドピース
これは患者さまの口の中に突っ込んで治療している器具だが、歯を削る部分を『バー』、歯医者が握る部分を『ハンドピース』という。
他院では、バーを消毒せず錆び止め液(消毒効果ナシ)につっこんでいるだけでハンドピースは一年中取り替えないところが多い。
A歯科では完全滅菌実施のために、歯を削る左端の水の中にかくれていて見えないバーは使い捨て、指でささえているハンドピースは患者さん毎に滅菌済と交換。
つい不潔な手でさわった時の場合に備え、多数のハンドピースを常備している。

使い捨てされるリーマー・バー・注射器使い捨てのリーマー
歯の根の治療に大切な小道具、『リーマー』。この『リーマー』もまた使い捨てにしている。
通常、歯科医院では消毒はおろか、錆び止め液にひたすのみの現状。
切れ味の良い新品は痛くなく、完璧な治療の手助けをしてくれる。
一本の歯を治療するのにこれまで最高二百二十本を使った。


トップへ » A歯科タニグチ会について » 当院の特色 » 器具・器材の滅菌


文字サイズ
を変更する