トップへ » A歯科タニグチ会について » 一匹狼Dr.タニグチ » 一匹狼Dr.タニグチ 元院長 谷口 清

一匹狼Dr.タニグチ 元院長 谷口 清

谷口清先生Let's Kiss!  キスをする為に歯を磨こう!
1938年 3月30日 神奈川県横須賀市に生まれる
1957年 3月 栄光学園卒業
1963年 3月 日本大学歯学部卒業
1963年 4月 東京医科歯科大学放射線科入局
1965年 アメリカ海軍病院勤務
1970年 神奈川県横須賀市に医院開設
1973年 日本歯科医師会脱藩
1974年 東京・京橋に医院開設 世界初・日本初の会員制に移行
1983年 初診料10万円とする

21世紀より、東京駅八重洲口正面一分にて、A歯科タニグチを開業している。
根管治療の専門家として、三十五年、治療は会員制で一歯科医につき一日二人だけ。

歯は1日で治る」の紹介文です。
井出久登氏(東京大学教授)

抜かず、削らず、冠せず、安楽歯の歯科医療を説く著者の考えが、ようやく世の中で認められはじめてきた。

歯は本来抜かずに治し、できるだけ自分の歯を永続させるべきだとする谷口先生の主張を知ったのが三十五年前で、早速患者の一人に加えてもらった。
中学生のとき、たんなる虫歯にもかかわらず前歯を抜かれた(抜いてもらったのではない)私にとって、長年かかってやっとめぐりあえた医療という気持ちである。
当時から谷口先生は営利的治療を叱責し、また礼儀をわきまえぬ患者に対しても、厳しかった。
それはまさに先生の正義感と、その医療を最高のものにせんとする気持ちの表れでもあったにちがいない。

正しい歯科医療を求めて常に斯界のオピニオン・リーダーたりえるのは、技術に裏付けられた強い信念と、歯科医療に対して高い理想を抱いている人だからこそ、はじめて可能だったのだと思う。

谷口清先生JAPAN PEOPLEで紹介
JAPAN PEOPLE{=who'swho}1985
どんな歯も抜かずに治す歯医者さん
日本の優れた歯科医師として「JAPAN PEOPLE」で紹介されました
The best DENTIST inJapan Dr.TANIGUCHI


トップへ » A歯科タニグチ会について » 一匹狼Dr.タニグチ » 一匹狼Dr.タニグチ 元院長 谷口 清


文字サイズ
を変更する