できるだけ歯を削らない「早期発見晩期治療」で歯を残す

できるだけ歯を削らない「早期発見晩期治療」で歯を残します歯を治療するということは、基本的に歯を削るということです。当然一度削った歯は二度と元には戻りません。同様に抜いてしまった歯も、二度と生えてくることはありません。しかし、現状の歯科の保険制度では何らかの処置を行わないと治療費が発生しないため、必要以上に歯を削ったり、安易に抜いたりしてしまうこともあるのです。

当院では、患者さんに事実を正確にお伝えしたうえで、何もせずに経過を見守ることも治療の一つと考えています。これが歯を残すために極力歯を削らない当院の方針です。歯を悪くする病因をできるだけ迅速に突き止め、歯を削る治療をできるだけ避ける「早期発見晩期治療」こそが、歯を残すための最善の道と信じています。

カウンセリングをおこなっております