歯を残したい方の最後の砦として最善を尽くす

歯を残したい方の最後の砦として最善を尽くします当院には、歯やお口の中について深い悩みを抱えられた方がいらっしゃいます。他院では「もう残せない」「抜歯するしかない」と言われるほど、かなり深刻な状態になっていることがほとんどで、いくら治療しても改善せず、いくつもの歯科医院を経て当院にたどり着かれる方も多いのです。

中には、根管でない部分に穴があけられている症例(パーフォレーション)や、根管の中に治療器具(ファイルなど)が折れ込んでいるといった症例も目立ちます。これが歯を残すラストチャンスといった状態も多く、もう失敗は許されません。

私たちは、歯科医学に対する不断の努力と高度な技術の導入、そして持てる能力を最大限に発揮して難症例に対応します。そして病因を見つけ出し、患者さん自身の自然治癒力を高め、短期的に引き出すことを心がけています。

難症例の歯の治療には、短期集中治療で対応
難症例の歯は、保険診療のような時間の制約を受けた治療では対応できません。当院では、毎回2時間から3時間の診療時間を確保し、根本的な原因から取り除く短期集中治療により、根管治療など多くの難症例の治療に取り組んでいます。

当院最大の特徴である1〜2回で治療が終了する短期集中治療を求めて、遠方から来られる患者さんが多くいらっしゃいます。創立者:谷口清の教えを守った、できるかぎり歯を残す治療で多くの患者さんに選ばれているのです。

カウンセリングをおこなっております