トップへ » 診療にあたって » 来院時のご注意

来院の際に

万一の場合のために
1. 女性はマニュキアを、右手人差し指には塗らないで下さい
  (血圧を突差に知るためにです)
2. ブラジャー・コルセット等は、ゆるめのものに!
  いざという時に胸に触れたり、下着をハサミで切ってもいいのなら、ご自由に!

室温は
スタッフは手指の消毒のために、ヒジまで露出の治療着を着用しています。
そのため、室温は体感温度より、二度ほど高めにセットしてあります。
薬品等が付着しても良いように普段着、一枚ウスメのもので、ご来院下さい。

診断や治療は行いますが、治すのは患者さんの自然治癒能力です。
私は治すのを手伝いますが、治るのはアナタの体調・努力・指導に従ったうえです。
カネを払えば『治る』という保証はいたしかねます。

遅刻について 《重要》

◎「五分前にお着き下さい」と云うことは、十分前とお考え下さい。

◎予約時間丁度に来院とは、新幹線ではドアが閉まる時間です。
 ですから、余裕を十分にお持ちになってご来院ください。
 アナタが新幹線や飛行機に乗る場合とおなじとお考え下さい。

◎他院、病院の予約制とは予約もどき制です。それと同列にしないで下さい。
 アナタご自身の治療です。予約が守れない方は治療が下手な他院にお行き下さい。

◎どうしても一時間を超す場合が、初診では多くあります。
 今一番お困りのことからご記入、お話下さい。
 一時間三十分を超えた場合は、問診料の追加をいただきます。

◎遅刻は診療計画を狂わせるので再予約していただきますが、前日からお泊りの場合や、夜行バスでご来院の方は、冬は寒く、夏は暑いので、お早目にご遠慮なく
お入りになって下さい。

◎時として、初診で行うべきこと、たとえば、問診、X線写真、口腔内写真の順を変え、時間を守る様にしています。ご承知おき下さい。

◎これらのこと、又、他のマニュアル等は書きたくないのですが、タマに必要な方に遭遇します。
 アナタにとって余計なことであることを願っています。

関連リンク

来院時のご注意

当院で歯科治療(会員制・完全予約制)をご希望される方へ

当院は、歯は抜くな!削るな!かぶせるな!「歯根の治療にこそ歯科治療の根幹がある」と提唱した谷口清医師の治療を正統に受け継ぎ実施しています。

よって、当院のシステム(会員制、完全予約制)は、他の歯科医院とは大きく異なります。

当院で歯科治療をご希望される患者様は、お手数ですが、まずは、お電話にて資料請求をして頂き、お互い気持ちよく治療に当たるために、その資料を熟読し、当院システムを良くご理解下さい。
まずは、お電話にて資料請求についての説明をお尋ね下さい。電話:03-5201-5550 受付時間|月~土 8:30~17:00/日祝休/資料請求についての詳細はこちら


トップへ » 診療にあたって » 来院時のご注意


文字サイズ
を変更する