抜かない、削らない、冠せない、しっかりとした治療

歯を残すための根管治療

「噛みごこち」「歯ざわり」「歯ごたえ」を残す。
根管治療は、極言すれば歯科治療の全てと言えます。ただし、その難しさから治療の成功率はとても低いのが現状です。一本の歯の根管治療で何十回も、何ヵ月もかかって、やっとの思いで入れた被せ物が、「噛んだら痛い」「すぐに歯茎が腫れてきた」。それをかかりつけの歯医者に言ったら、また治療、挙げ句の果てに「この歯はダメだから抜こう!」なんて言われた事はないでしょうか?

A歯科ではそんな事は絶対ありません。大体の治療は1~2回、難しくても3回程で根の中の治療を終わらせます。一回の治療の時間を出来る限り長く取り、無駄に患者さんを何回も通わせるような事はしません。

抜かない、削らない、冠せない、しっかりとした治療これまでの記録は44年。これはそのままA歯科タニグチ会の歴史でもあります。歯の治療は、「抜かない」「削らない」「かぶせない」を基本にしなければいけません。かぶせる場合でも「極力歯を残す」べきなのです。自然治癒を助けてこそ、「先生」といわれる歯科医なのです。

【下手な根管治療】下手な根管治療
根管孔の入り口まで薬剤を送り込まないと、その差の部分に白血球や細菌・腐敗産物がたまり、病巣ができて、骨が溶けてくる。

【A歯科の根管治療】A歯科の根管治療
ところが、きちんと根管治療を行い、根尖まで満たすと 2分の1以上病巣があっても、2年後には完全に病巣が消え、骨が再生(自然治癒)していく。

根管治療の流れ

根管治療の流れ
根管治療の基本は、まず感染根管・汚染された根管を清掃することです。根管とは歯の中に神経や血管を送り込んでいる細いトンネルのことを言います。この穴は、その歯によってメインのトンネルの本数はだいたい決まっています。

治療にあたり、根管の入り口を探すことから始まります。根管をさぐるには、ファイルというドリル状のミゾがついている小器具を使います。この細いファイルで、歯の根をさぐる訳ですが、自己防衛のために身体が頑張り、根管の中にはカルシウムや細菌・腐敗産物などが沈着しているのです。これを押し分け、かき分け、50ミクロン単位で拡げていくのです。

ファイルを使って手先のカンと、患者さんの反応や微弱な電流を手がかりにして測ります。X線写真も重要な情報源です。根の長さがわかれば、あとは根管を太くしていく作業が待っています。

根管治療の流れ根管の断面は正円をしていません。むしろ楕円とかヒョータン型などで、しかも直線ではなく曲がって伸びているのです。ファイルで根管を広げると、根管の先にたまった腐った細胞によるガスや膿みが出てきます。ファイルに歯を構成している以外の何かが付着しなくなり、これ以上拡げると本来あるべき根管のカーブが保てないと判断したところで拡張作業をやめます。そして、拡げた太さと長さに合わせたゴム状のポイントを、根管に十分行きわたらせたペーストとともに刺し込み、根管をふさぎます。

これが、「根管充填」と言われる治療法です。あとは自然に身を任せておけばいいのです。歯の根の先に病気があったり欠けたところがあれば、それを埋めてくれます。これが自然治癒なのです。患者さん自身の持っている素晴らしい『自然治癒力』を引き出す事こそが医療の根本であり、患者さんと歯医者の人間らしい生き方であると考えています。

根管治療の流れ

保険外専門だからここまでできる、根管治療の質

手術用顕微鏡手術用顕微鏡
A歯科を訪れる患者さんの多くは、かなりシビアな歯の状態になっています。パーフォレーションといって、根管でない部分に穴があけられていたり、根管内部に治療器具が折れ込んでいたりすることも...。治療をするにもこれがラストチャンスというケースが多く、もう失敗は許されません。

そのため、A歯科では診断・治療をより確実にするために、手術用顕微鏡を用いるようにしています。百聞は一見に如かずというように、その部位を特定でき、見ながら治療ができるので、診断・治療の精度は格段に上がります。

これまでのような、勘や経験を頼りに手探りで治療する時代は終わったのです。しかしながら、1995年にアメリカの歯内療法(根管治療と同義)専門医のトレーニングに顕微鏡を使用する事が義務づけられていながら、日本では使っている歯医者がほとんどいないのが現状です。確かに高額な設備ですが、高級外車を乗り回し、海外旅行に行くカネがあるぐらいなら、これぐらいの投資はしていただきたいものです。

ラバーダムラバーダム
歯の根の中、根の先の病気は、根管内に本来いるはずのない口の中の細菌が侵入、繁殖することによって発生します。その侵入を許す原因の一つに、根管治療時の根管への唾液の混入が挙げられます。

口腔内は唾液が絶えず流れていて、その中には細菌が存在しています。歯科治療はそのような細菌に囲まれた状況下で行われる訳ですから、当然、唾液の混入を防ぐ対策が必要なのです。アナタの通う歯医者で、右上に示すラバーダムと呼ばれるゴムの膜を見たことがあるでしょうか。世界的に根管治療の際、使用するのが常識な医療器具です。おそらく今まで見たことも聞いたこともない方が多いのではないでしょうか。日本が歯科医療後進国と言われるのも無理はありません。

根管治療関連リンク

カウンセリングをおこなっております