歯周病治療 目次

効果的な予防と徹底した歯周病治療で歯を守る

効果的な予防と徹底した歯周病治療で歯を守ります

歯を失う原因として最も多いのは歯周病です。歯周病とは、歯肉炎や歯槽膿漏など歯の周りの病気の総称で、進行すると歯を支えている骨(歯槽骨)を溶かしてしまう怖い病気であり、しかも日本人の5人に4人はかかっていると言われる国民病です。

歯周病の原因は、歯についた歯垢(プラーク)の中にいる歯周病菌で、歯の根に沿って入り込み、歯を支えている周りの組織をじわじわと壊していきます。初期にはほとんど自覚症状がなく、気づかない間に悪化することが特徴です。そこで当院では、歯を守り残す基本は歯周病治療と予防であると考え、積極的に取り組んでいます。

保険診療では歯周病から歯を守り、残すことは難しい!

保険診療では歯周病から歯を守り、残すことは難しい!歯周病は慢性疾患であるため、ほとんどの人がかなり進行した状態になって、やっと歯周病であることを知るのです。さらに、保険診療で行われる歯周病治療は、たいてい歯の表面についた歯石を取るだけで終わりなので、根本的な治療ではありません。また、予防のための処置や指導を時間をかけて充分に行わないため、定期的に歯科医院に通い歯石を取っていても歯周病は進行し、やがて1本また1本と歯を失っていくことになるのです。

「本気で歯周病を治すこと」、そして「歯周病から歯を守り、将来にわたって歯を残すこと」は、保険診療の歯周病治療では大変難しい事だと私たちは考えています。

チーム医療による徹底した歯周病治療

チーム医療で徹底した歯周病治療を行います歯周病を根本から治すには、歯ぐきの内側に付着した見えない歯石をしっかり取るための充分な時間と高度な診療技術が必要です。そして歯周病を予防するために、ホームケアや生活習慣の改善について丁寧にご指導し、患者さんご自身が実践されることが絶対条件です。

当院では歯を残し、お口を守る観点から、長きにわたり歯周病治療と効果的な予防を徹底的に研究してきました。歯周病治療では診査から治療計画、治療、そして治療後のメンテナンスに至るまで、歯科医師と歯科衛生士のチームワークで取り組んでいます。歯科衛生士も歯周病対策に関して歯科医師と同等な知識と技術を習得し、専門的な研鑽を積んでいます。

当院ならではの歯周病治療で多くの歯を守る
当院では、研究の成果やこれまでの豊富な実績も活かし、歯科医師と歯科衛生士が連携したチーム医療で、患者さん一人ひとりに最適な予防や歯周病治療をご提供します。さらに歯周病対策の重要性を患者さんにもご理解いただき、ホームケアを含めたプラークコントロールを実現することを重視しています。

こうした治療と予防により、他院で歯周病により抜歯と言われたケースでも、5年〜10年歯を残すことができた例も多くあります。歯周病を克服することにより、大切な歯を守ることを諦めず、最善を尽くして歯を残します。

医患共同作戦で歯周病は治ります

医患共同作戦で歯周病は治ります

困ったことに、人は自分の臭い息には気付かないだけでなく、歯周病が相当進行するまで痛みすら感じないのです。

医患共同作戦で歯周病は治りますこのやっかいな病気、歯周病の治療の目的は、まず第一に歯周病の進行を止めること。そして、病的に失われつつある歯槽骨を取り戻し、歳相応の歯ぐきに戻すことです。そのための治療としては、歯一本一本の歯石をどんな小さなかけらも残さず完全に取りきらなくてはいけません。

テキトーに上辺の歯石をちょちょんと取るだけなら、正直誰でも出来ます。一般的な歯医者が歯周病治療と題して行っているのが実はこれ。とりあえずスッキリしてなんだか良くなった気がしますけど、これでは結局治りません。

一本一本バカ丁寧に残さず取るのは、相当な根気とウデが必要で、誰でも出来ることではありません。そして、やはり日々のハミガキの大切さは変わりません。今までも方々でハミガキ指導を受けられてきたことと思いますが、一向に歯周病が治らないのは教えるハミガキの仕方が難しく、なかなか身に付かない事も関係しているのです。

日々の事ですから簡単で続けやすく、そして効果的なものでなくてはいけません。この点を踏まえ、A歯科独自のハミガキ法を指導し、その効果は確実に現れています。妥協ない治療とアナタの日々の努力。これが歯周病治療の両輪であり、どちらが欠けても歯周病治癒はあり得ないのです。

歯はもともと歯槽骨によってしっかりと支えられ、歯肉によって守られています。しかし、磨き残した部分に歯垢が溜まり、やがてそれが歯石になると歯肉は炎症を起こすのです。すると赤く腫上がり、膿が出たり出血したりして、口臭も強くなってきます。最終的には歯をささえる骨までもが破壊され、支えを失った歯がどんどん抜け落ちてきます。このような病が歯周病なのです。何を隠そうこの歯周病が歯を失う最大の原因となっているのです。

歯周病の進行

ビジュアル位相差顕微鏡位相差顕微鏡
当院では、歯周病の原因である歯周病細菌を顕微鏡にて実際に見ていただき、現在のアナタの口腔内環境を知っていただくようにしています。というのも、歯周病治療は当院で行う治療だけではないからなのです。

アナタが自分の口の中の状況をよく知り、日々のハミガキ、口腔内のケアに目覚めること。これこそ、本当の意味での歯周病治療なのです。

歯周病と全身疾患

中程度の歯周病(すべての歯に全周5mmのポケットが存在する場合)、そのポケットの表面積はおよそ手のひら1枚分にもなります。それだけの面積の炎症が手や足に存在し、膿を排出させている状況を考えてみれば、自ずとその深刻さがわかると思います。そして、そこに存在する細菌は歯の周囲だけでなく、血流に乗り全身へ流れてゆくことが知られています。

歯周病と全身疾患これがいわゆる歯周病巣感染なのです。

これによって起る病気には関節、心臓、腎臓、眼、皮膚疾患などがありますが、病巣感染がその原因と分からず、内科、外科的に治療されていることもあると思われます。特に糖尿病・心臓病・肺炎・循環器系疾患・早産・低体温児出産においては、それぞれの進行に深刻な影響を与えることがわかっています。

ハミガキをきちんと行った方は、行わなかった方に比べて、肺炎の発症も10分の1に抑えられた。
(毎日新聞掲載・佐々木英忠教授の調査結果)
歯の数が多いほど医療費が少ない。
(社団法人兵庫県医師会歯科医師会の調査結果)

歯の健康の基本として全ての方にメンテナンスをご提案

歯の健康の基本として全ての方にご提案しています歯の健康を守り、いつまでも自分の歯で過ごしていくためには予防が大切です。悪くなってから治療するよりも、悪くならないようにメンテナンスをしていく方が患者さんにとって負担も少なく健康な歯を維持できるからです。もし虫歯や歯周病になっても、定期検診により早期に発見することができ、治療期間を短くすることが可能になるのです。

当院では、歯科衛生士が患者さん一人ひとりのお口の状態に合わせて効果的で無理なく続けていただけるハミガキ方法など、ご家庭での予防をご指導します。さらに定期的に行うメンテナンスで、将来にわたって健やかなお口を守ります。

お口全体を考えた治療と予防
歯周病は悪くなった歯だけではなく他の歯にも影響を及ぼします。他の歯のかぶせ物や詰め物の寿命にも、お口全体の健康にも深く関係してきます。当院では歯を残し、お口全体の健康を守っていくために、気になるところだけでなく、全ての治療で歯周病の検査と必要な治療を受けていただいています。

歯周病と自覚されていない方にも予防は必要
歯周病は生活習慣病の一つで、加齢に伴う病気でもあります。加齢変化は誰にも起こり、免疫機能は日々低下していくものです。今は歯周病と診断されなかった方も、将来に備えて日常の正しいハミガキと定期的なメンテナンスで歯周病を予防することが必要です。また、歯周病は初期の自覚症状がほとんどないため、多くの方が気づかれません。定期検診により歯周病の兆候を早期に発見し、適切な治療と予防を行うことが重要です。

歯周病予防は全身の健康づくりにも役立つ

歯周病予防は全身の健康づくりにも役立ちます歯周病は歯や歯ぐきの中だけでなく、体の健康にも悪い影響を与えることがわかっています。例えば歯周病の原因菌が歯肉の毛細血管から血液中に入り、全身を巡ることで糖尿病動脈硬化などを引き起こす事があると考えられています。また寝たきりの高齢者の方に多い誤嚥性肺炎の原因としても挙げられています。

歯周病の予防は糖尿病予防にもなる
特に、糖尿病の人は歯周病にかかりやすいと以前から言われていました。さらに最近では歯周病になると糖尿病も悪化するという関係性も明らかになり、歯周病と糖尿病は相互に悪影響を与えているのです。

一方、歯周病治療によって糖尿病が改善することもわかっており、毎日の食生活やハミガキなどの生活習慣を見直し、歯周病治療および予防をすることで糖尿病の予防、改善にも繋がるのです。当院では徹底した歯周病治療と予防により、全身の健康づくりにもお役に立ちたいと願っています。

カウンセリングをおこなっております