全ての治療で噛み合わせを重視

全ての治療で噛み合わせを重視

最近、働き盛りの世代の方に噛み合わせの不具合や歯ぎしり、食いしばりなどのトラブルが増えています。噛み合わせは歯並びや上顎と下顎のバランスだけでなく、ストレスや生活習慣など様々な影響を受けるため、原因を見極め、口腔全体を考えた総合的な治療が必要です。

噛み合わせの不具合によって、歯にひびが入ったり、歯周病が悪化したりします。それがやがて歯の欠損にもつながっていきます。当院では治療において噛み合わせを重視し、マイオモニター(経皮的電気刺激装置)を使った低侵襲な治療を行います。

筋肉の緊張を取り除いて本来あるべき位置へ導く
当院では初診時に全身を含めた状態を把握し、口腔内検査とともに噛み合わせの診査を行います。噛み合わせの不具合が認められた場合は、マイオモニターを使用した治療や顎のストレッチを行い、筋肉の緊張を取り除くことで正しい噛み合わせの位置に下顎を誘導します。

歯ぎしりや食いしばり、知覚過敏の悩みにも対応

歯ぎしりや食いしばり、知覚過敏のお悩みにも対応最近、歯の痛みを訴えて来院される方の原因の一つに、歯ぎしり・食いしばりにより歯に強い圧力がかかって発症したケースが挙げられます。本来、歯は大きな圧力に耐えられる組織ですが、上下の歯が接触しているのは喋ったり咀しゃくする時などに触れるごく僅かな時間です。それがストレスにさらされて何十分も噛みしめていると、当然その力を受け止める組織に無理がかかります。

さらにそれが習慣となると知覚過敏や歯にひびが入って割れてしまうことがあります。歯と歯を支える骨の間の歯根膜に無理がかかり、歯周病が悪化することもあります。

当院では、歯ぎしりや食いしばりがあると診断した場合は、噛み合わせ治療を行うと共に、悪習癖や姿勢の改善、生活アドバイスなども行います。丁寧にケアをしていても虫歯や歯周病になりやすい方、治療しても虫歯を繰り返す方には、噛み合わせをチェックし根本的な原因を突き止めていきます。

カウンセリングをおこなっております