素早く丁寧な処置が成功のカギ

この移植の成功のカギを握るのが、歯根膜と呼ばれる歯の根をとりまいている膜です。歯根膜は、歯に栄養を供給する役割やクッションのように噛んだときの衝撃を吸収したりします。この歯根膜が傷つけられたり、長時間放置してしまったりすると、移植後、歯に栄養がうまく行かず、失敗に終わってしまいます。

つまり、移植は歯根膜を痛めない丁寧さと、迅速な処置を求められる高度な治療といえます。

そのような高度な治療もA歯科なら可能です。スタッフの高い技術と徹底した滅菌。保険診療がメインの歯科医が、設備の整わない環境でやったところで成功するとはとても思えません。

親知らずはいらない歯、虫歯になっていないけど抜いておいたほうがいい、と言うような考えがまかり通っていますが、人の身体にムダなものなど一切ないのです。

《抜くときでも奥歯であれば、さらにその奥に親知らずがもぐっていれば、同時に取り出して抜いたところに植え直してやればいい。入れ歯不要、ブリッジの必要なし。》~Dr.タニグチの金言~

カウンセリングをおこなっております