医患共同作戦で歯周病は治ります

医患共同作戦で歯周病は治ります

困ったことに、人は自分の臭い息には気付かないだけでなく、歯周病が相当進行するまで痛みすら感じないのです。

医患共同作戦で歯周病は治りますこのやっかいな病気、歯周病の治療の目的は、まず第一に歯周病の進行を止めること。そして、病的に失われつつある歯槽骨を取り戻し、歳相応の歯ぐきに戻すことです。そのための治療としては、歯一本一本の歯石をどんな小さなかけらも残さず完全に取りきらなくてはいけません。

テキトーに上辺の歯石をちょちょんと取るだけなら、正直誰でも出来ます。一般的な歯医者が歯周病治療と題して行っているのが実はこれ。とりあえずスッキリしてなんだか良くなった気がしますけど、これでは結局治りません。

一本一本バカ丁寧に残さず取るのは、相当な根気とウデが必要で、誰でも出来ることではありません。そして、やはり日々のハミガキの大切さは変わりません。今までも方々でハミガキ指導を受けられてきたことと思いますが、一向に歯周病が治らないのは教えるハミガキの仕方が難しく、なかなか身に付かない事も関係しているのです。

日々の事ですから簡単で続けやすく、そして効果的なものでなくてはいけません。この点を踏まえ、A歯科独自のハミガキ法を指導し、その効果は確実に現れています。妥協ない治療とアナタの日々の努力。これが歯周病治療の両輪であり、どちらが欠けても歯周病治癒はあり得ないのです。

歯はもともと歯槽骨によってしっかりと支えられ、歯肉によって守られています。しかし、磨き残した部分に歯垢が溜まり、やがてそれが歯石になると歯肉は炎症を起こすのです。すると赤く腫上がり、膿が出たり出血したりして、口臭も強くなってきます。最終的には歯をささえる骨までもが破壊され、支えを失った歯がどんどん抜け落ちてきます。このような病が歯周病なのです。何を隠そうこの歯周病が歯を失う最大の原因となっているのです。

歯周病の進行

ビジュアル位相差顕微鏡位相差顕微鏡
当院では、歯周病の原因である歯周病細菌を顕微鏡にて実際に見ていただき、現在のアナタの口腔内環境を知っていただくようにしています。というのも、歯周病治療は当院で行う治療だけではないからなのです。

アナタが自分の口の中の状況をよく知り、日々のハミガキ、口腔内のケアに目覚めること。これこそ、本当の意味での歯周病治療なのです。

カウンセリングをおこなっております