保険診療では歯周病から歯を守り、残すことは難しい!

保険診療では歯周病から歯を守り、残すことは難しい!歯周病は慢性疾患であるため、ほとんどの人がかなり進行した状態になって、やっと歯周病であることを知るのです。さらに、保険診療で行われる歯周病治療は、たいてい歯の表面についた歯石を取るだけで終わりなので、根本的な治療ではありません。また、予防のための処置や指導を時間をかけて充分に行わないため、定期的に歯科医院に通い歯石を取っていても歯周病は進行し、やがて1本また1本と歯を失っていくことになるのです。

「本気で歯周病を治すこと」、そして「歯周病から歯を守り、将来にわたって歯を残すこと」は、保険診療の歯周病治療では大変難しい事だと私たちは考えています。

カウンセリングをおこなっております