噛める入れ歯

当院では、義歯を少なくとも2個作ります。時には3個以上作ることもあります。まず1ヵ月くらいで本物ができるまでのものとして練習用の入れ歯を作ります。この練習用の入れ歯で、その人の噛むクセや、噛み合わせ具合を診るのです。入れ歯を装着するとグニャッとした顔になってしまい、急に老け込んで見える人がよくいますが、それはいきなり本番を作ってしまったからで、作り直さなければなりません。

入れ歯また、何かあった時のための予備用入れ歯にもなります。例えば「バネが折れた」「旅行(特に外国)時の予備」等です。
創始者:谷口清の経験談によると、予備用入れ歯が威力を発揮したのは1995年の"阪神大震災"のときでした。食料・水・仮設住宅等、十分でなくともなんとか間に合ったのですが、被災者たちの間で最も困ったのは『老眼鏡』であり、『義歯』であったのです。その点、予備のある当院の患者さんからは、思いもかけぬ地震時に非常に感謝されたそうです。別納してあった義歯が、災害で失くしたり、焼けたときに役立ったのです。谷口師匠もこんなに喜ばれるとは、考えてもいませんでした。

「教訓:万全を期すなら、銀行の貸し金庫にでも入れておくとよい!」

義歯の場合、痛むのならすぐに来院するように勧めています。当日の連絡でも、調整はその日のうちに行うのが入れ歯治療の原則なのです。入れ歯が合わない、噛むと痛い所がでた時はすぐに直しましょう。

バカは、カネにならない入れ歯の痛みを「アナタは神経質だ」とか「そのうち治ると」さんざん待たせておいて、ゴマカシてしまう。バカ云うな!入れ歯は「モノ」で変化しないが、生体は日々変化しているのだ。それに加えてヤブの合わない入れ歯。
『ウチでは、まず一回目で合うのだ。』~Dr.タニグチの金言~

カウンセリングをおこなっております