歯のために最大限の努力を実践し、理想の診療環境を実現します

マイクロスコープ当院には数多くの治療のこだわりがあります。難症例には全てマイクロスコープを使い、精度の高い治療を行います。また感染を徹底して防ぐために、歯を削るバーや根管治療で使用するファイルなども患者さんごとに使い捨てにしています。さらに診療室全体の壁に鉛を入れてエックス線を遮断しています。

多くの歯科医院では実現が難しく、諦めてしまうようなことであっても、歯科治療の最大限の効果を得るためにできる限りの努力を惜しまないのが、当院のこだわりです。

患者さんにも積極的に治療に参加していただく医患共同作戦

患者さんにも積極的に治療に参加していただく医患共同作戦「医は仁術なり」という言葉があります。私たちは「仁とは、人が二人」、すなわち患者さんと歯科医師のことであると捉えています。歯科医師に患者さんを「治す」ことはできません。本当に治すのは患者さんご自身が持つ自然な治癒力です。歯科医師にできることは速やかに病因を見分け、自然治癒力を高め、速やかに引き出すことなのです。

特に歯を残すためには、ご家庭でのブラッシングや生活習慣の改善など、患者さんご自身の努力が重要な役割を果たします。そこで当院では「医患共同作戦」と名付け、患者さんに丁寧に治療内容をご説明し、積極的に治療に参加していただき、一緒に完治をめざしています。

マイクロスコープを駆使した精度の高い治療

マイクロスコープを駆使した精度の高い治療お口の中は狭くて暗い空間です。さらに歯の根の先や歯ぐきの中など、肉眼では確認が難しい複雑な部位が多く存在します。従来の歯科治療では、肉眼では見えにくい場所は歯科医師の勘や経験に頼った治療が行われていたのが実情です。

当院では、いち早く手術用顕微鏡(マイクロスコープ)を導入し、精度の高い治療を確実に実践してきました。根管治療はもとより、小さな虫歯の充填や歯周病治療においてもマイクロスコープを使用します。歯科医師の勘や経験といったブレのある不確定要素に頼っていては、完璧な治療は行えません。マイクロスコープにより患部が直接見える状態を作り出し、医療ミスの無い精密な治療を行います。

虫歯や歯周病を進行させるひびも見逃しません
マイクロスコープで確認することで、実は歯には目に見えない細かいひび(亀裂、クラック)が入っていることがわかります。ひびはやがて歯の破折を引き起こす可能性があり、また細菌がひびに入り込んでしまうと、そこから虫歯や歯周病が発症してしまいます。ひびを早く発見して治療を行うことで、口腔疾患の予防に繋がります。歯を守るためにも当院ではマイクロスコープを積極的に使用しています。

徹底した感染対策で安全な治療を提供しています

治療に使用する器具などにはエイズやB型・C型肝炎などのウイルスが付着している可能性があります。ウイルスを完全に殺菌し、感染を防止するには消毒よりもハイレベルな滅菌が求められます。

徹底した感染対策で安全な治療を提供しています徹底した感染対策で安全な治療を提供しています

当院では滅菌できるものは全て高性能の高圧蒸気滅菌器で滅菌し、患者さん一人ひとりに対して使用する器具を滅菌パックに入れて滅菌・保管しています。目の前で破る袋をご覧いただければ、当院の滅菌に対する真摯な取り組みがご理解いただけるはずです。

バーは使い捨て、ハンドピースも毎回完全滅菌徹底した感染対策で安全な治療を提供しています
患者さんのお口の中に入れる治療器具について、歯を削る部分をバー、歯科医師が握る部分をハンドピースといいます。最近、多くの歯科医院でバーやハンドピースの滅菌が不十分であるという情報が各メディアで取り上げられましたが、当院では完全滅菌実施のために、歯を削る部分のバーは使い捨てに、ハンドピースは患者さんごとに滅菌しています。またスムーズに治療を進めるために、多数のハンドピースを常備しています。

治療器具を1回きりで使い捨てにする理由があります

治療器具を1回きりで使い捨てにする理由があります医科では一般的に一度使用したメスなどの刃物を毎回使い捨てています。感染を防ぐ目的はもちろんのこと、メスは2〜3回使うと切れ味が悪くなるためです。一方、歯科医院ではオートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)による滅菌を行い再利用しますが、歯を削るバーや根管治療で使用するファイルなどの刃物類は、滅菌時に高温(121℃以上)にさらされると切れにくくなってしまいます。この切れにくいバーやファイルを使用すると、患者さんに無駄な痛みを与えてしまったり、きれいに削ることができなくなり、更には医療事故を起こす原因にもなりかねません。

ファイルが歯根に残る事故も防ぐ
当院では、バーやファイルをはじめ口腔内で使用した小器具は全て廃棄しています。毎回、切れ味の鋭い新品のバーやファイルを使うことで痛みを軽減しながらベストな治療を行うことができ、ファイルが治療中に破折し歯根に残るといった事故も防ぎます。当院ではほんの些細なことでも危険を回避し、患者さんのリスクを無くすために高価な治療器具も使い捨てているのです。

安全で快適な診療室で治療を行います

安全で快適な診療室で治療を行います個室のみ2部屋の清潔な診療室は、細部にわたって患者さん本位に設計されているため、リラックスして治療を受けていただくことができます。治療チェアは当院専用の特注品で患者さんに負担をかけることなく、楽な姿勢で治療を受けていただけます。しかも歯科医師や歯科衛生士が動きやすく、効率よく治療を進めることができるシステムです。

微量な放射線による被爆も防ぎます
歯科用のレントゲンやCTは医科用と比較しても放射線量を抑えた仕様になっていますが、当院は僅かなエックス線にも気を配り、診療室全体の壁に1.5mmの鉛を入れ、エックス線を遮断し微量な被爆も防いでいます。診療室の入り口のドアにはめ込んであるガラスも鉛入りですので、どなたも安心して通院していただくことができます。

カウンセリングをおこなっております