トップへ » 治療について » インプラントについて

顎の殺人鬼・インプラント

1.インプラントは高額であるのに長持ちしない。
2.すぐに噛めなくなり、グラグラし、訴訟が増えている。
3.インプラントは無用・不適・歯医者のカネモウケ・危険である。
4.インプラントよりもオヤシラズの移殖が医療である。
  これは歯根膜周囲組織まで回復してくれる。

インプラントとは歯を抜いてしまう。周囲の歯根膜組織、シャピー繊維等、天然歯等の歯根膜周囲組織を残すのが歯科医の仕事でなくてなんであろう。

その歯根膜周囲組織を破壊し、そこに異物をつっこんでいるのが現状のインプラントである。現状では、インプラントと歯の間の歯根膜周囲組織は再生しない。
残せる歯を、治してこその歯医者が、メンドウだから、カネになるからとインプラントを患者にすすめているのだ。

インプラントは歯槽骨にくっつく材料である。噛み心地、歯ざわり、歯ごたえ=歯根膜周囲組織は、現状の歯科技術では作れない。
サメの歯はダメになれば、次から次に骨からはえてくる。それは、サメの歯が骨にくっついているからだ。歯根膜周囲組織に囲まれる人やサルの歯とは、全く別物。
また、サメの歯は、歯肉とくっついていないから歯周病もない。

オヤシラズを持つ患者、このオヤシラズが何もトラブルがないのなら何もせずに、残しておけば良い。
いつか入れ歯のバネとして役立つ可能性があるし、移殖可能なケースであれば歯根膜周囲組織ごとの移殖、インプラントと比べ物にならないものが生じる。

歯根膜周囲組織をもっているのは哺乳類の歯である。
ここで誰も云わないから書くが、哺乳類とはオッパイで育つ生物である。
これら生物は大きくなるとなくなる器官がある。

牛の場合特に珍重されるが子牛から成牛になるとなくなる胸腺リンパ腺という部分がある。
これは人間も同じで成人になると通常消えるのだ。
この胸腺、子牛の場合一頭にヒトツの"リード・ボウ"なる美味は、皇居前パレスホテル10階にある。

大きくなって消えるものなら哺乳類のクチビルもなくなってよさそうだが、大人になってもついていることは、オッパイを飲む以外に用途があるのだろう。
私は私なりにそれをみつけて一人楽しんでいる。

訴訟・トラブルの多いインプラント

インプラントインプラントは健康保険で認められていない。
大学でも教えていない。
それを素人歯医者が手をつける。

不快感」「疼痛」「食事不能」「顔面マヒ」「容貌変化「発音不良」等で、裁判・調停が増大している。

あまりのトラブルの多さに、各歯大の除去待ちの手術は順番待ちである。

この様に学問的に認められていない治療法に飛びつく種類の程度の低い人間は結構いる。
審美歯科もその仲間だ。

関連リンク

治療について 根管治療インプラント歯周病歯牙移植入れ歯

当院で歯科治療(会員制・完全予約制)をご希望される方へ

当院は、歯は抜くな!削るな!かぶせるな!「歯根の治療にこそ歯科治療の根幹がある」と提唱した谷口清医師の治療を正統に受け継ぎ実施しています。

よって、当院のシステム(会員制、完全予約制)は、他の歯科医院とは大きく異なります。

当院で歯科治療をご希望される患者様は、お手数ですが、まずは、お電話にて資料請求をして頂き、お互い気持ちよく治療に当たるために、その資料を熟読し、当院システムを良くご理解下さい。
まずは、お電話にて資料請求についての説明をお尋ね下さい。電話:03-5201-5550 受付時間|月~土 8:30~17:00/日祝休/資料請求についての詳細はこちら


トップへ » 治療について » インプラントについて


文字サイズ
を変更する