トップへ » 治療について » 歯を残すための根管治療 » 保険外専門だからここまでできる、根管治療の質

保険外専門だからここまでできる、根管治療の質

手術用顕微鏡
マイクロスコープA歯科を訪れる患者さまの多くは、かなりシビアな歯の状態である。
パーフォレーションといって、根管でない部分に穴があけられていたり、根管内部に治療器具が折れ込んでいたり。治療をするにもこれがラストチャンスということがほとんどで失敗は許されない。

そのため、A歯科では診断・治療をより確実にするために、手術用顕微鏡を用いるようにしている。百聞は一見に如かずというように、その部位を特定でき、見ながら治療ができるのであるから、診断・治療の精度は上がる。
これまでのような、勘や経験を頼りに手探りで治療する時代は終わったのだ。

それにしてもこの顕微鏡。1995年にアメリカの歯内療法(根管治療と同義)専門医のトレーニングに義務づけられていながら、日本で使っている歯医者はほとんどいない。
高いから?高級外車を乗り回し、海外旅行に行くカネはあるのにね。

ラバーダム
根の中、根の先の病気は、本来いるはずのない口の中の細菌が根管内に侵入、繁殖することによって発生する。その侵入を許す原因の一つに、根管治療時の根管への唾液の混入が挙げられる。
ラバーダム
口腔内は唾液が絶えず流れていて、その中には細菌が存在している。歯科治療は、そのような細菌に囲まれた状況下で行われるのであるから、当然、唾液の混入を防ぐ対策が必要である。

アナタの通う歯医者で右に示す、ラバーダムと呼ばれるゴムの膜を見たことがあるだろうか。世界的に、根管治療の際、使用するのが常識である。
おそらく今まで見たことも聞いたこともないであろう。日本が歯科医療後進国と言われるのも無理はない。


トップへ » 治療について » 歯を残すための根管治療 » 保険外専門だからここまでできる、根管治療の質


文字サイズ
を変更する