トップへ » 治療について » 歯を残すための根管治療 » 抜かない、削らない、冠せない、しっかりとした治療

抜かない、削らない、冠せない、しっかりとした治療

「噛みごこち」「歯ざわり」「歯ごたえ」を残す。
根管治療は、極言すれば歯科治療のすべてといえる。
ただし、その難しさから治療の成功率はとても低い。一本の歯の根管治療で何十回も、何ヵ月もかかって、やっとの思いで入れた被せ物が噛んだらイタイ、すぐに歯茎が腫れてきた、それをかかりつけのハイシャに言ったら、また治療、挙げ句の果てにこの歯はダメだから抜こう!なんて言われた事はないだろうか?
ウチではそんな事はない。大体の治療は1 ~2回、難しくても3回程で中の治療を終わらせる。
一回の治療の時間を出来る限り長く取り、無駄に患者さんを何回も通わせるような事はしない。

根管治療これまでの記録は44年。これはそのままA歯科タニグチ会の歴史でもある。
歯の治療は、「抜かない」「削らない」「かぶせない」を基本にしなければいらない。
かぶせる場合でも「極力歯を残す」べきである。自然治癒を助けてこそ、センセイといわれる歯科医なのである。

下手な根管治療下手な根管治療
根管孔の入り口まで薬剤を送り込まないと、その差の部分に白血球や細菌・腐敗産物がたまり、病巣ができて、骨が溶けてくる

A歯科の根管治療A歯科の根管治療
ところが、きちんと根管治療を行い、根尖まで満たすと 2分の1以上病巣があっても、2年後には完全に病巣が消え、骨が再生(自然治癒)していく


トップへ » 治療について » 歯を残すための根管治療 » 抜かない、削らない、冠せない、しっかりとした治療


文字サイズ
を変更する