トップへ » 治療について » 医患共同作戦の歯周病治療 » 歯周病と全身疾患

歯周病と全身疾患

中程度の歯周病(すべての歯に全周5mmのポケットが存在する場合)、そのポケットの表面積はおよそ手のひら1枚分にもなる。
それだけの面積の炎症が手や足に存在し、膿を排出させている状況を考えてみれば自ずとその深刻さがわかるだろう。
そして、そこに存在する細菌は歯の周囲だけでなく、血流に乗り、全身へ流れてゆくことが知られている。

病巣感染これがいわゆる歯周病巣感染である。

これによって起る病気には関節、心臓、腎臓、眼、皮膚疾患などがあるが、病巣感染がその原因とわからず、内科、外科的に治療されていることもあると思われる。
特に糖尿病・心臓病・肺炎・循環器系疾患・早産・低体温児出産においては、それぞれの進行に深刻な影響を与えることがわかっている。

歯磨きをきちんと行った方は、行わなかった方に比べて、肺炎の発症も10分の1に抑えられた
(毎日新聞掲載・佐々木英忠教授の調査結果)
歯の数が多いほど医療費が少ない
(社団法人兵庫県医師会歯科医師会の調査結果)


トップへ » 治療について » 医患共同作戦の歯周病治療 » 歯周病と全身疾患


文字サイズ
を変更する