トップへ » 治療について » 自分の歯で噛むための移植 » 素早く丁寧な処置が成功のカギ

素早く丁寧な処置が成功のカギ

この移植の成功のカギを握るのが歯根膜と呼ばれる、歯の根をとりまいている膜だ。歯根膜は、歯に栄養を供給する役割やクッションのように噛んだときの衝撃を吸収したりする。

この歯根膜が傷つけられたり、長時間放置してしまったりすると、移植後、歯に栄養がうまく行かず、失敗に終わってしまう。
つまり、移植は歯根膜を痛めない丁寧さと迅速な処置を求められる高度な治療といえる。

そんな治療もA歯科だから可能だ。スタッフの高い技術と徹底した滅菌。ヤブがバカな頭揃えて、ヨゴレた器具でやったところで成功するわけがない。

オヤシラズはいらない歯、ムシ歯になっていないけど、抜いておいたほうがいい歯。そんな訳の分からない考えがまかり通っているが、人のからだにムダなものなど一切ない。

《抜くときでも、奥歯であれば、さらにその奥にオヤシラズがもぐっていれば、同時にとりだして、抜いたところにうえなおしてやればいい。入れ歯不要、ブリッヂの必要なし。》


トップへ » 治療について » 自分の歯で噛むための移植 » 素早く丁寧な処置が成功のカギ


文字サイズ
を変更する