トップへ » 治療について » 自分の歯で噛むための移植 » より長く自分の歯で噛むための秘策

より長く自分の歯で噛むための秘策

そんな中、A歯科では、より長く自分の歯で噛んでいただくために、可能な場合、歯の移植をお薦めするようにしている。

インプラントが人工歯根なら、自家歯牙移植はまさに天然歯根だ。

移植では一般的にオヤシラズを使う。
たとえば、6番目の歯が抜けてしまった(大概は抜かれてしまっただが)とする。そんな時、条件がそろえば奥歯の後に埋まっているオヤシラズを移植して、代わりの奥歯にできるのだ。
また、たとえば下のオヤシラズが抜かれてなくなってしまっていても、上のオヤシラズが残っていれば、上から下に移植することも可能である。

治療症例


トップへ » 治療について » 自分の歯で噛むための移植 » より長く自分の歯で噛むための秘策


文字サイズ
を変更する