トップへ » 治療について » 自分の歯で噛むための移植 » 「自分の歯」を活かす「移植」という究極の治療法

「自分の歯」を活かす「移植」という究極の治療法

一般的な歯医者には、散々歯を痛めつけておいた挙げ句の果てに、「もう歯の寿命ですね」などと神妙な顔つきで、恥ずかし気もなくいうバカが多い。
ナニかとやれムシ歯だ、やれ骨が溶けてるだと、とにかくすぐ歯を抜こうとする。
ムシ歯を作り、骨が溶ける原因を作っておきながらだ。
それもこれも単に、歯を残す努力をするよりも、とりあえず抜いてブリッヂや入れ歯を入れた方が楽で、そして何より保険点数が高いから。
そこでインプラントを薦めるようなら、カネ目当てのヤブ歯医者だと自己紹介しているようなものだ。

残念なことに、駆け込み寺のA歯科にはそんなカネモウケ主義の歯医者によって、すでに歯を抜かれてしまった方がよくお見えになる。
とは言ってもやはり、『99%は、ほかの歯医者で抜くといわれた歯を抜かずにすむということは1%は抜くこともあるということだ』("私は「初診料十万円」の歯医者です")と清師匠も言っているように、A歯科でもどうしても残せない場合もある。

だが、他の歯医者はカネモウケのチャンスとばかりにニコニコと抜歯。A歯科の場合は、年に1~2本とはいえ、泣く泣くの抜歯だ。この違いには、天と地ほどの隔たりがある。


トップへ » 治療について » 自分の歯で噛むための移植 » 「自分の歯」を活かす「移植」という究極の治療法


文字サイズ
を変更する