トップへ » 治療について » 歯を残すための入れ歯 » 歯を残すための入歯

歯を残すための入歯

技工士 法月謙市歯が抜けてしまった(大概は不幸にもヤブに抜かれてしまっただが)場合、義歯を作る。
そのようなときその一本だけ状態が悪いということは考えづらい。他の歯もたいがい同じような状況に陥っていることが多い。

にもかかわらず、ヤブの義歯はきつくて出し入れに難渋するか、緩くてパカパカ動いて噛めないものばかりだ。
きつくては歯に負担がかかるし、緩くて噛めないなら入れる意味はない。
そんなものを入れていては、なし崩し的に歯がダメになっていくのが目に見えている。

当院では、義歯は単に失った歯を補うだけのものではなく、口の中の環境を維持・改善していく治療装置して考えている。
ウチの義歯はまず、噛めて当然。出し入れは抵抗なく、噛むときには動かない。
加えて、安定した義歯は揺れている歯をギブスのように固定し、その動揺を抑えるばかりか、噛む力を粘膜などに分散し、過剰な負担から歯を守る。

歯を失ったから義歯を入れるのではなく、歯を残すために義歯を入れるのだ。
"一本でも多く自分の歯を残す""少しでも長く自分の歯で噛む"というモットーはここにおいても強く貫かれている。
また、義歯の製作はいくつもの工程を踏む精密な作業である。そして、変化する生体に合わせ定期的に調整が必要だ。

技工士 笠井安典ところで、今までアナタが様々なところで治療を受けてきた中で、歯科技工士に会ったことはあるだろうか。
直接患者に接するのは歯科医師、歯科衛生士、あるいは歯科助手(ウチは歯科衛生士・有資格者しかおいていない)であることが多いので、歯科技工士とは縁が薄いかもしれない。

しかし、補綴治療(冠せ物や入歯)で、実際に補綴物を製作するのは歯科医師ではなく、歯科技工士であるのが一般的だ。
補綴物の保ちや、使い心地といったものは、歯科医師のウデもさることながら、技工士のウデに左右されるところが大きい。

にもかかわらず、技工士は患者さんの顔をみたこともないのだから、当然大切な顎の動きすら分からないまま、歯科医院から送られてきた模型を基に補綴物を作らざるを得ない。せっかく作った義歯(入歯)を、入れるその日に、削るわ裏打ちするわしなくてはならないのは、そんなイイカゲンな状態で歯科技工士に丸投げしている現状による。

A歯科では、そんな無責任でデタラメな入れ歯を作ってしまうことがないように、技工士に立ち会いのもと、義歯の製作・調整を進めている。
また、ピタッと一度で合う美しい噛める入れ歯を作るために、まずはプラスチックの入れ歯を最低一個作り、状態を把握した上で、金属の義歯を作る。
手間はかかるが間違いがない。患者さんの身体の一部となるものだから、それくらいのこだわりがあってしかるべきだ。
アシカの顔の見える医療と入れたその日から噛める義歯には、多くの患者さんが御満足頂いている。


トップへ » 治療について » 歯を残すための入れ歯 » 歯を残すための入歯


文字サイズ
を変更する