マイクロスコープを駆使した精度の高い治療

マイクロスコープを駆使した精度の高い治療お口の中は狭くて暗い空間です。さらに歯の根の先や歯ぐきの中など、肉眼では確認が難しい複雑な部位が多く存在します。従来の歯科治療では、肉眼では見えにくい場所は歯科医師の勘や経験に頼った治療が行われていたのが実情です。

当院では、いち早く手術用顕微鏡(マイクロスコープ)を導入し、精度の高い治療を確実に実践してきました。根管治療はもとより、小さな虫歯の充填や歯周病治療においてもマイクロスコープを使用します。歯科医師の勘や経験といったブレのある不確定要素に頼っていては、完璧な治療は行えません。マイクロスコープにより患部が直接見える状態を作り出し、医療ミスの無い精密な治療を行います。

虫歯や歯周病を進行させるひびも見逃しません
マイクロスコープで確認することで、実は歯には目に見えない細かいひび(亀裂、クラック)が入っていることがわかります。ひびはやがて歯の破折を引き起こす可能性があり、また細菌がひびに入り込んでしまうと、そこから虫歯や歯周病が発症してしまいます。ひびを早く発見して治療を行うことで、口腔疾患の予防に繋がります。歯を守るためにも当院ではマイクロスコープを積極的に使用しています。

カウンセリングをおこなっております