患者さんにも積極的に治療に参加していただく医患共同作戦

患者さんにも積極的に治療に参加していただく医患共同作戦「医は仁術なり」という言葉があります。私たちは「仁とは、人が二人」、すなわち患者さんと歯科医師のことであると捉えています。歯科医師に患者さんを「治す」ことはできません。本当に治すのは患者さんご自身が持つ自然な治癒力です。歯科医師にできることは速やかに病因を見分け、自然治癒力を高め、速やかに引き出すことなのです。

特に歯を残すためには、ご家庭でのブラッシングや生活習慣の改善など、患者さんご自身の努力が重要な役割を果たします。そこで当院では「医患共同作戦」と名付け、患者さんに丁寧に治療内容をご説明し、積極的に治療に参加していただき、一緒に完治をめざしています。

カウンセリングをおこなっております