歯を守り残す最善の治療をご提供するために歩み続けています

院長あいさつ

A歯科タニグチ会 理事長 蘭(あららぎ)泰行です。
当院のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

当院は東京駅前にある自由診療専門、完全予約制、完全会員制の歯科医院です。歯を守り残したいとお考えの患者さんに、最善の歯科治療をご提供しています。

「抜かず、削らず、冠せず」谷口清の言葉を胸に
「抜かず、削らず、冠せず」
歯を抜き、削り、被せることが一般的であった時代に、A歯科タニグチ会創始者:谷口清が掲げたこの言葉を、今では多くの歯科医師が当たり前のように使っています。しかし、本当にそれを実現できている歯科医師が何人いるでしょうか。

私は歯科医師となり様々な診療に接する中で、保険診療で歯を守ることができるのか疑問を感じ、本当に歯を残す治療とは何かを探し求めた末に、「A歯科タニグチ会」谷口清の著書に出会い、自分が求める治療はここにあると確信しました。縁あって理事長(院長)となり、タニグチの教えを胸に、その言葉を実践するために日々鍛錬を重ね、多くの患者さんの歯を抜かずに残してきました。

「他院で抜歯と言われた歯を残してほしい」と来院される患者さんは、日に日に増えています。そのほとんどは、しっかり治療すればなんの問題もなく噛めるようになるものばかりなのです。

マイクロスコープを駆使した精密治療と歯周病治療

院長あいさつ当院で歯を残す治療が実現している理由は、長年の実績からの知識と技術に加えて、最新の機械「マイクロスコープ(顕微鏡)」の存在です。これはなかなかの優れもので、目に見えるか見えないかというミクロの世界を拡大し、その情報を的確に私に届けてくれます。これにより従来とは比較にならないほどに精密な治療が行えるようになりました。

マイクロスコープは、一般的に歯の根の治療に使われていますが、私はほぼ全ての治療にも使用しています。よく考えれば、米粒より狭い世界で治療を行う歯科医師にとって、裸眼で行う治療など、見えていないところを手探りで削って詰めているようなものなのです。それでは残る歯も残らないでしょう。

もう一つの当院の特徴は、歯周病治療と予防は全ての治療の基本と位置づけていることです。私自身、歯を残すことに心血を注ぐ中で、歯周病治療と予防がお口の健康の基本になることに気づきました。そもそも歯周病とは歯肉の病気です。歯肉とは歯を支える土台のようなもので、歯周病がしっかり治療、管理できていないと歯をしっかり治療しても意味がないのです。この歯周病を克服してこそ、虫歯の治療をした歯もより長持ちします。そして歯周病治療と予防には患者さん自身の努力と根気が重要です。歯科衛生士とともに、患者さん自身のケアを支えていくのも私の役目であると認識しています。

生涯歯を残すために、妥協せず心血を注いでいます

院長あいさつ私の治療理念は、歯をただ残せばいいというのではなく、残った歯をその方の生涯にわたって、できるだけ長く使っていただけるようにすることです。そのため一本の歯を慎重に丁寧に時間をかけて治療していくことに加え、ときに噛み合わせのバランスをみるような治療も取り入れながら、お口の中全体をより良くしていく治療を行います。

歯を残したいと切に願っていらっしゃる方、お口の健康を真剣に考えていらっしゃる方は、ぜひ当院にご連絡ください。我が師、谷口清の言葉を胸に、A歯科タニグチ会の実績、伝統を受け継ぎながら、時代の流れにも沿った最善・最新の歯科治療をもつ全ての技術と理念をもってお応えします。

院長紹介

院長あいさつ院長 Dr. 蘭 泰行

【出身地】長野県
【出身大学】日本歯科大学新潟生命歯学部
【趣味】散歩、映画鑑賞
【理想とする歯科治療】長く健康な状態を維持できる治療を行う
【A歯科の患者さんに一言】
食事とは一生涯通じて心と体に必要なものです。一本の歯の治療からお口の中全体の健康まで我々に任せてください。

カウンセリングをおこなっております