2009年4月 9日 « トップへ » 2009年4月11日

2009年4月10日

抜かない、削らない、冠せない、しっかりとした治療

「噛みごこち」「歯ざわり」「歯ごたえ」を残す。
根管治療は、極言すれば歯科治療のすべてといえる。
ただし、その難しさから治療の成功率はとても低い。一本の歯の根管治療で何十回も、何ヵ月もかかって、やっとの思いで入れた被せ物が噛んだらイタイ、すぐに歯茎が腫れてきた、それをかかりつけのハイシャに言ったら、また治療、挙げ句の果てにこの歯はダメだから抜こう!なんて言われた事はないだろうか?
ウチではそんな事はない。大体の治療は1 ~2回、難しくても3回程で中の治療を終わらせる。
一回の治療の時間を出来る限り長く取り、無駄に患者さんを何回も通わせるような事はしない。

根管治療これまでの記録は44年。これはそのままA歯科タニグチ会の歴史でもある。
歯の治療は、「抜かない」「削らない」「かぶせない」を基本にしなければいらない。
かぶせる場合でも「極力歯を残す」べきである。自然治癒を助けてこそ、センセイといわれる歯科医なのである。

下手な根管治療下手な根管治療
根管孔の入り口まで薬剤を送り込まないと、その差の部分に白血球や細菌・腐敗産物がたまり、病巣ができて、骨が溶けてくる

A歯科の根管治療A歯科の根管治療
ところが、きちんと根管治療を行い、根尖まで満たすと 2分の1以上病巣があっても、2年後には完全に病巣が消え、骨が再生(自然治癒)していく

根管治療の流れ

治療の流れ根管治療の基本はまず、感染根管・汚染した根管を清掃すること。根管とは、歯の中に神経や血管を送り込んでいる細いトンネルである。
この穴は、その歯によって、メインのトンネルの本数はだいたい決まっている。

治療にあたり、根管の入り口をさがすことからはじめる。
根管をさぐるには、リーマーというドリル状のミゾがついている小器具を使う。
この細いリーマーで、歯の根をさぐるわけだが、自己防衛のために身体が頑張り、根管の中にはカルシュウムや細菌・腐敗産物などが沈着している。
これを押し分け、かき分け、50ミクロン単位で拡げていくのだ。

リーマーを使って手先のカンと患者さんの反応や、微弱な電流を手がかりにして測る。
X線写真も重要な情報源である。
根の長さがわかれば、あとは根管を太くしていく作業が待っている。

根管の多様性と、根尖孔の位置の色々根管の断面は、正円をしていない。
むしろ楕円とかヒョータン型とかで、しかも、直線ではなく曲がってのびているのである。
リーマーで根管を広げると、根管の先にたまった腐った細胞によるガスや膿みが出てくる。
リーマーに歯を構成している以外の何かが付着しなくなり、これ以上拡げると本来あるべき根管のカーブが保てないと判断したところで拡張作業をやめる。
そして、拡げた太さと長さに合わせたゴム状のポイントを根管に十分行きわたらせたペーストとともに、刺し込み、根管をふさぐ。

これが、「根管充填」である。
あとは自然に身をまかせておけばいい。
歯の根の先に病気があったり、欠けたところがあれば、それを埋めてくれる。
これが、自然治癒なのだ。患者さん自身の持っている、素晴らしい『自然治癒力』を引き出す事こそが医療の根本であり、患者さんと歯医者の人間らしい生き方であると考えている。

治療症例


2009年4月 9日 « トップへ » 2009年4月11日


文字サイズ
を変更する