2017年8月21日

新刊紹介

歯は治る
『歯は治る「抜くな、削るな、冠せるな」』

歯の常識のウソ
抜かれた歯の95%は抜かなくてもよかった
あなたの歯を本当に守ってくれる、信頼できる歯科の探し方
(ルネッサンス・アイ 2015年10月復刻(改訂)版 ISBN-13: 978-4834401783)

一章 悪徳歯医者の見抜き方
二章 歯はカネになる、そのカラクリ教えます
三章 歯は「抜くな、削るな、冠せるな」
四章 子供の歯が狙われている!


歯は一日で治る
『歯は一日で治る 自分の歯を守る驚異の根管治療法』

歯は抜くな!削るな!かぶせるな!
歯の延命治療は根管治療がすべてだ。
いまなお歯科治療の本道を走る谷口清の世界が甦る
(ルネッサンス・アイ 2013年10月初版 ISBN 978-4-8344-0135-6)

一章 歯医者がムシ歯をふやしている
二章 あなたの人生は歯で決まる
三章 歯は一日で治る
四章 自分の歯を守る生活
五章 歯医者をどう選ぶ、どう使う


本当にインプラントでいいの? 歯科医師発インプラント事故は対岸の火事じゃない『本当にインプラントでいいの? 歯科医師発インプラント事故は対岸の火事じゃない』

インプラントがすぐに脱落した。しびれや痛みがひかない。グラついて安定しない。
手術後の思わぬ事態が患者を苦しめる。
インプラントにまつわる事故を検証し、問題の核心に迫る。
インプラント治療への不安・不満・疑問を解決。
歯を抜いてしまっていても遅くない。
本当の歯科医療がここにある。
(ルネッサンス・アイ 2010年9月初版 ISBN 978-4-904311-26-4)

一章 インプラント使い回し疑惑の核心に迫る
二章 まだあるインプラント治療の事故、訴訟
三章 インプラント治療って大丈夫なの?
四章 インプラント裏事情
五章 本当の治療 あるべき治療


抜かれる前に読め―あなたの歯科医はだいじょうぶ?『抜かれる前に読め―あなたの歯科医はだいじょうぶ?』

歯は抜くな!削るな!かぶせるな!「歯根の治療にこそ歯科治療の根幹がある」と提唱した谷口清医師の教えは、10万人を超える歯科医過剰時代の日本に燦然と輝く。
彼が保険医を辞退してまで貫き通した「患者さんの歯を守る」という歯科医の原点。
あなたが「自分の歯を抜かずに大切にしたい」なら、「ホンモノの歯科医とは何か」、「ホンモノの歯科治療とはどういうものか」を知ることが必要です。
(ルネッサンス・アイ 2009年8月初版 ISBN 978-4-904311-15-8/4-904311-15-9)

一章 限界を迎える保険治療
二章 良い歯医者はどこに
三章 インプラントの落とし穴
四章 「簡単に歯を抜くな」という教え
五章 なぜコミュニケーションが重要か
六章 オーダーメイド治療のすすめ
七章 自分の歯をできるだけ長持ちさせるために

著書紹介

「ダメな歯医者」の見分け方『「ダメな歯医者」の見分け方』
ダメな歯科医ほど歯を抜きたがる、本当は1日で治る、不潔診療室の実態...。インプラント治療を迷っている人、インプラント治療失敗で困っている人に向けて、歯医者の見分け方や歯科インプラントの欠点などを伝える。
(新講社 2007年出版・発売中)

一章 アブナイ歯医者に近づくな
二章 「ダメな歯医者」の見分け方
三章 それでもアナタは「歯科インプラント」をえらびますか
四章 医の原点・A歯科流保存治療について
五章 歯医者と患者の理想的な関係をつくる


名?迷!歯科医がうち明けるここだけの話 上・下『名?迷!歯科医がうち明けるここだけの話 上・下』
(西海出版 2006年出版・発売中)


歯科・インプラントは白衣の悪魔『歯科・インプラントは白衣の悪魔』
歯は抜くな、審美のウソ、インプラントの訴訟大! 歯を抜かなければ、インプラントの必要なし。歯科・インプラントは患者の羽とあごを守ってくれるのか。
(西海出版 2005年出版・発売中)

一章 歯科インプラントは白衣の悪魔
二章 インプラントに関する訴訟、その判決
三章 バカといわれても仕方ない歯医者
四章 大氷河期の歯科界の名医えらび
五章 一匹狼が吠える・歯・唇・女の乳房
六章 医の原点にもどろうよ


インプラント嫌いの初診料10万円の歯医者は私です『インプラント嫌いの初診料10万円の歯医者は私です』
ヘタクソな歯医者が削ったために、そのワキからムシ歯が広がり、神経をダメにしている症例の、なんと多いことか。米国病院仕込みの療法と考え方で、「抜く」といわれた歯を残して2万本の実績を持つ歯科医のエッセイ。
(西海出版 2005年出版/改訂版・発売中)

一章 「初診料10万円」の内訳
二章 「ダメでヘタな歯医者」ここで見分けろ
三章 歯医者選びはこんなに大切
四章 私がやる「根管治療」とは何か
五章 こんなにある・歯は一日で治るケース
六章 インプラント治療の、落とし穴
終章 歯を残す気にさせた医学辞典の誤記


日本人の歯をダメにした日歯・族議員・官僚・某総理『日本人の歯をダメにした日歯・族議員・官僚・某総理』
贈収賄事件をおこした日本歯科医師会の悪行・体質を、歯科界のブラック・ジャックと呼ばれる著者が糾弾。また、著者の治療に対する考え方にも触れる。
(西海出版 2005年出版・発売中)

一章 千万人と云えど我行かん
二章 今読んでも新しい私の35年前からの対日歯諫言集
三章 日歯汚職は今に始まったことではない
四章 私の人生の曲がり角に待ち伏せた忘れえぬ人々


Dr.タニグチの南太平洋の旅々『Dr.タニグチの南太平洋の旅々』
船医時代を経て船旅に魅せられた著者の南太平洋・島巡り。船上、寄港地でアクシデント、ハプニングに見舞われ、翻弄される著者。旅客定員5名のノルウェーの貨物船(1トン)に乗って日本を離れる。そして著者が船旅にこだわる理由とは―。貨物船、貨客船11隻の旅など通算300日以上に及ぶ奇想天外の船の旅。さながら人生の縮図のように読む人の心に入り込む。
(西海出版 2004年出版・発売中)


谷口清の短編集I『谷口清の短編集I』
風に吹かれて気の向くまま、ドクター谷口が向かった先はパプアニューギニア、フィジー、現地人との語らい、歯科医界のブラックジャックと呼ばれる男のアフターファイブの胸のうち...、熱く人生を語る短編集15編を収録。
(西海出版 2004年出版・発売中)


心の篝火 火乃狂魔『心の篝火 火乃狂魔』
その女性(ひと)と出会って良かったと/会ったその日には思っていない/誰か話し相手が欲しくって/ちょっとフテクサレたところが/顔に似合わぬスマシタのがおかしくて/でもネェこんな出会いってあるんだねェ 詩集。
(西海出版 2004年出版・発売中)


谷口清の歯ナシにならない語録『谷口清の歯ナシにならない語録』
人間の命の入口「歯」のため、その歯が誤った治療によって「歯ナシ」にならないために必要なことはなにか? 著者の治療思想と姿勢を伝える語録をまとめ、簡単な解説を付す。
(新講社 2004年出版・発売中)

一章 歯医者の理由
二章 患者への忠告
三章 わが治療の心得
四章 日本人の歯を守れ


谷口清の「多国籍ブラックジョーク集」『谷口清の「多国籍ブラックジョーク集」』
これこそ大人の笑い!? 自称、歯科医師界のブラックジャック・谷口清ならではのエスプリ、世界同時多発的うんちくジョークが満載。究極のオヤジギャグ見本帖。
(新講社 2003年出版・発売中)


私は「初診料10万円」の歯医者です『私は「初診料10万円」の歯医者です』
審美歯科という名のインチキに騙されるな! ダメバカヘタ歯医者の見分け方などを、「抜かない」「削らない」「かぶせない」主義の著者が紹介する。98年人間と歴史社刊「歯医者は「治療の質を保証せよ!」」の大幅改訂。
(新講社 2003年出版・発売中)

一章 「初診料10万円」の正しい理由
二章 「ダメバカヘタ歯医者」はここで見分けろ
三章 カシコイ患者になるために
四章 私がやる「根管治療」とは何か
五章 こんなケースなら、歯は一日で治る   
あとがき


歯医者のぼくが怖くて歯医者に行けない理由『歯医者のぼくが怖くて歯医者に行けない理由』
『歯医者のぼくが怖くて歯医者に行けない理由 』"歯科医師会が歯ぎしりした" (報知新聞)"天然の歯を守ろう。歯科界新潮流" (朝日新聞)"名医に出会う努力を惜しむな" (毎日新聞) 怖い歯医者の見分け方を公開
(新講社 2000年出版 好評発売中)

一章 ダメな歯医者の見分け方
二章 私の歯科治療の基本姿勢
三章 ひどい歯医者、怖いインプラント
四章 秘伝・噛める入れ歯の造り方・秘話
五章 歯周病を治せる歯医者にかかりなさい
六章 医の原点に帰ろうよ     
あとがき


歯医者は治療の質を保証せよ!『歯医者は治療の質を保証せよ!』
"歯科界の異端医谷口清さんのカルテ" (毎日新聞)"これからの日本の医療を良くするために" (経済界)無知のインプラント ブスの美容歯科 心がスサム歯科治療
(人間と歴史社1998年 出版・好評発売中)

一章 こんな「歯医者」に誰がした
二章 バカな患者にならないために
三章 歯科治療の原点・・・根管治療(歯を抜かず残すこと)
四章 こんなケースも一日で治る
五章 インプラント治療への警告
六章 医は仁なり


小笑「カタカナ・外来語」事典『小笑「カタカナ・外来語」事典』
会報"A歯科"に連載した迷・珍訳集 新講社1994年 出版・発売中 これは大人の笑いである。 エスプリに富み、高級な冗句(ジョーク)である。    
本書を読んで、腹をかかえて笑い、ときに涙し、またヤキモチをやかぬヤカラは人間のクズであり、とうてい当院の患者にはなりえない。
小・中・高の同級生の細川護熙元首相が "谷口君は名医ではあるが、今でもそのイタズラぶりに、ときとして笑いつつも迷惑している"、と推薦の辞を寄せた名言集。
英・仏・西・露の迷・珍解説なのだ。


歯は治る「抜くな、削るな、冠せるな」『歯は治る「抜くな、削るな、冠せるな」』
歯医者の不勉強は患者には解らない。
(白馬出版社 1993年 出版・発売中)

一章 悪徳歯医者の見抜きかたその歯医者を信頼できますか?
二章 歯はカネになる。そのカラクリを教えます。
三章 歯を抜くな削るな冠せるな髪は切っても伸びるけど歯は?
四章 子供の歯が狙われている。歯の常識のウソ


歯医者に行って早死にしたいのか!『歯医者に行って早死にしたいのか!』
『歯医者に行って早死にしたいのか!』架空・水増し治療に騙されるな 広まる根管治療、抜かずにOK(朝日新聞) 気安く歯を抜き抜かせすぎる(毎日新聞)
(龍門出版社 1991年 出版・発売中)

一章 危険な歯医者に近づくな!
二章 悪徳歯医者を見分ける16の方法
三章 歯医者でエイズにかかりたいのか?
四章 根幹治療の利点とインプラント治療の恐怖
五章 歯は痛くなく、一日で抜かずに治せる
六章 歯医者と患者の理想的関係


赤坂芸者のないしょ話『赤坂芸者のないしょ話』
『赤坂芸者のないしょ話』歯を治すのも芸者衆と遊ぶのもロマンとセンスとポエムが必要
(龍門出版社 1988年 発行・発売中)

一章 赤坂芸者にまいってしまった
二章 置屋のおとうさんになってしまった
三章 芸者もいろいろ
四章 イキな遊びかた教えます
五章 仲良き悪行奇行伝説


男はすこし飢えてるほうがいい『男はすこし飢えてるほうがいい』
ここで少々お遊びを (遊べぬ男たちに捧げる新遊びのバイブル) 序の口 ハポン王国独立始末記 男はすこし飢えてるほうがいい 新・遊びの美学
(人間と歴史社1985年初版・二刷・発売中)


歯は一日で治る『歯は一日で治る』
歯を良くする法を教えます (毎日新聞) 歯医者の"虫歯"スッパ抜く (スポニチ) なぜ何日も何回も歯医者に行くのだ
(カッパビジネス 1983年初版4刷・絶版)

一章 歯医者がムシ歯をふやしてる
二章 あなたの人生は歯できまる
三章 歯は一日で治る
四章 自分の歯を守る生活
五章 歯医者をどう選ぶどう使う One Day Tooth Camel Treatment


歯の悪いヤツの顔が見たい『歯の悪いヤツの顔が見たい』
"悪徳歯科医を内部告発した勇気あるお人"(週刊読売)歯医者に行って歯を悪くするヤツ
(サンケイ出版1981年初版・絶版)

一章 歯の常識のウソ
二章 間違いだらけの歯医者えらび
三章 患者のだましかた
四章 歯は抜くな削るな冠せるな
五章 これだけは知っておきたい歯の患者学
六章 ダマされていないか歯の保険治療
七章 医者のえらび方医者ににだまされない方法


日本人の歯をダメにした歯医者『日本人の歯をダメにした歯医者』
"「歯医者告発」の本" (週刊新潮)"『歯科医師会が歯ぎしりした本』" (夕刊フジ) 日本で最初に歯を抜くな、治療ができると叫んだ。
(山手書房 1977年初版 9刷・絶版)

一章 歯医者がいるからムシ歯が増えるの謎
二章 ダマされていないか歯の値段
三章 日本歯科医師会の内幕をつく
四章 日本の歯科医師会は信用できるか
五章 歯医者をうまく活用する法
六章 歯科領域の病気いろいろ
七章 治療と子どものムシ歯予防のコツ
八章 これだけは知っておきたい治療のABC

カウンセリングをおこなっております