医療法人社団A歯科タニグチ会

東京の歯医者・根管治療・噛み合わせ治療・親知らずの移植なら短期集中治療のタニグチ歯科

  1. ホーム
  2. 治療の種類
  3. ひびや破折の修復

ひびや破折の修復

ひびや破折を発見したら歯を抜かずに修復

歯がひび割れることを、学術的には「破折(はせつ)」と言います。歯にひび割れがあると、ひびから口の中の細菌が入り込み、炎症を起こします。発見が遅れると抜歯を薦められる状態になることが多いため、早期発見・早期治療が大切です。

ひびや破折を発見したら歯を抜かずに修復

歯のひび割れにはいろいろなケースがあります。歯の頭の部分(歯冠)にひびがある場合や、歯の根(歯根)にひびがある場合、浅いひびや深いひびなど様々です。また、突然大きなひび割れが起こるケースは少なく、小さいひびが徐々に時間をかけて大きくなる場合がほとんどです。

ひびは、大きくなる前に早期に発見し治療を行うことで、歯を残せる可能性が高くなりますが、レントゲンや目視では発見できない場合が多く、CT撮影をした際に歯にひびが見つかり、そのまま抜歯をしてしまったという話をよく耳にします。

当院では、マイクロスコープで目に見えない小さなひびを早期に発見し、ひびを修復することができます。

ひびはやがて虫歯や歯周病へ進行

ひびは放っておくと徐々に大きくなり、やがてそこから細菌が入りこんで虫歯や歯周病へと進行していきます。虫歯や歯周病を防ぐためにも、ひびを早期に発見して治療を行うことが大切です。

ひびや破折の発見が遅く、感染が広範囲まで広がっており組織がダメージを大きく受けている場合は、周囲の骨の回復がままならず抜歯となる可能性もあります。

当院では、大切な歯を守るためにマイクロスコープを積極的に使用し、治療を行っています。

まずは、お悩みを
ご相談ください

会員制・完全予約制

お電話、またはお問い合わせフォームより資料請求を。
お気軽にお問い合わせください。

他の歯科で、抜歯と言われて困っている

他の歯科で、抜歯と言われて
困っている

短期間で治療を終わらせたい

短期間で治療を
終わらせたい

歯にひびが入っているけど、歯を残したい

歯にひびが入っているけど、
歯を残したい

お電話でのお問い合わせ

03-5201-5550

受付時間
9:00~16:30(日・祝日除く)