一日2人だけ。完全会員制の歯科医院です。

歯を活かす根管治療 インプラントの危険性。 一人ひとりに合わせた歯科治療 谷口清医師の治療を正統継承

保険外専門だからここまでできる、根管治療の質

診療室イメージ

A歯科を訪れる患者様の歯の多くは、かなりシビアな状態です。
パーフォレーションといって、根管でない部分に穴があけられていたり、根管内部に治療器具が折れ込んでいたり。
治療をするにもこれがラストチャンスということがほとんどで失敗は許されません。

そのため、A歯科では診断・治療をより確実にするために、手術用顕微鏡を用いるようにしています。
百聞は一見に如かずというように、その部位を特定でき、見ながら治療ができるのですから、当然診断・治療の精度は上がります。
これまでのような、勘や経験を頼りに手探りで治療する時代は終わりました。

それにしてもこの顕微鏡。1995年にアメリカの歯内療法(根管治療と同義)専門医のトレーニングに義務づけられていながら、日本で使っている歯医者はほとんどいません。

当院で歯科治療(会員制・完全予約制)をご希望される方へ

当院は、歯は抜くな! 削るな! かぶせるな! 「歯根の治療にこそ歯科治療の根幹がある」と提唱した谷口清医師の治療を正統に受け継ぎ実施しています。

よって、当院のシステム(会員制、完全予約制)は、他の歯科医院様とは大きく異なります。

当院で歯科治療をご希望される患者様は、お手数ですがまずはお電話にて資料請求をして頂き、お互い気持ちよく治療に当たるために、その資料を熟読の上、当院システムを良くご理解なさってからお越しください。
まずは、お電話にて資料請求についての説明をお尋ね下さい。電話:03-5201-5550 受付時間|月~土 8:30~17:00/日祝休 / 資料請求についての詳細はこちら 電話番号

著書紹介

医院よりお知らせ

新刊 『本当にインプラントでいいの? 歯科医師発インプラント事故は対岸の火事じゃない』
新刊 『本当にインプラントでいいの? 歯科医師発インプラント事故は対岸の火事じゃない』
インプラントがすぐに脱落した。しびれや痛みがひかない。グラついて安定しない。
手術後の思わぬ事態が患者様を苦しめる。
インプラントにまつわる事故を検証し、問題の核心に迫る。
インプラント治療への不安・不満・疑問を解決。
歯を抜いてしまっていても遅くない。
本当の歯科医療がここにある。
(ルネッサンス・アイ 2010年9月初版 ISBN 978-4-904311-26-4)
■他の著書を見る


文字サイズ
を変更する